COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
2
『TEPPEI ONO』出版記念 
2015年11月20日(金)

作品集『TEPPEI ONO』(青幻舎刊)出版記念イベント
小野哲平「なぜ、つくるのか」

小野哲平(陶芸家)×祥見知生(ギャラリスト)

独立初期からの作品125点を掲載した初めての作品集を青幻舎より上梓した
陶芸家・小野哲平と、鎌倉でギャラリーを営み、本作の企画・編集を務めた祥見知生が「器をめぐる対話」をします。器とは何か、なぜ作るのか。小野哲平が「作る理由」について自身の言葉で話す機会となります。ジャンルを問わず若い作り手に伝えたいと作家が願い、京都で実現したトークイベントです。ぜひご参加ください。

恵文社一乗寺店 COTTAGE
日時:11月20日 19時〜21時
椅子席60名分をご用意します。車座になってゆっくり話ができたらと思います。
参加費:一般1000円 / 学生500円
申し込み方法:
恵文社一乗寺店 店頭、もしくはメール、電話075-711-5919にて。
http://www.cottage-keibunsha.com/

『TEPPEI ONO』青幻舎刊 作品集をお求めください。
当日は著者のサインをお入れします。

【開催決定】
小野哲平さんの京都で初めての展覧会が恵文社一乗寺店ギャラリーアンフェールで行われます。
小野哲平『TEPPEI ONO』出版記念展
会期:12月8日(火)~12月14日(月)
会場:恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール

小野哲平 陶芸家
1958年愛媛県生まれ。鯉江良二氏の弟子を経て常滑にて独立。タイ・ラオス・インドなどアジアの国々を旅する。棚田が美しい高知の山あいに住み、めし碗、皿、鉢、湯のみ、日々の暮らしのなかで使われる土のうつわをつくる。薪窯で焼成する力強い作品は、使われて美しく育つ「うつわ」の原点を忘れないやきものであると同時に、現代に生きる人々に問いかける強烈なメッセージでもある。
小野哲平 HPは、こちら

 

1
小野哲平作品集『TEPPEI ONO』
A4変型 カラー160ページ 定価 3800円+税
企画・編集 / 祥見知生
写真 / 若木信吾 広瀬達郎
アートディレクション / 近藤正哉 (KINGCON DESIGN)
プリンティング・ディレクター / 熊倉桂三(山田写真製版所)
株式会社青幻舎 http://www.seigensha.com

test