COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
COETcotage
COET fajue Ronald Searle展示即売会
2014年10月17日(金)

11

この度、恵文社一乗寺店コテージにてCOET fajue Ronald Searle展示即売会を開催致します。
恵文社一乗寺店は2006年のCOET誕生からお取り扱いをしていただいており、COETにとって大変御縁の深いお店です。その大切な場所でCOETとゆかりのある2ブランドとともに初の試みをさせていただくこととなりました。

COETは恵文社でおなじみのワンシートバッグはもちろん、新作を含めた全商品を展示販売致します。B品やサンプル商品は超お手頃価格で販売予定です。

京都を拠点とする陶器のブランド”fajue”からは、陶器でしか味わえない優しい雰囲気のピアスや指輪、ブローチが並びます。やわらかでかわいらしい作品群をお楽しみください。

イギリスの風刺画家として知られている"Ronald Searle"からは、ほとんどが日本初披露のポストカードやグリーティングカード。今回はすべてサールが監修した、当時のデッドストック品ですので大変貴重な作品ばかりです。希少な絵本も展示いたしますので、椅子に座ってごゆっくりお楽しみください。

2日間とも両デザイナー、ロナルド・サールの孫夫婦が在廊しています。お気軽にお声かけください。3作家それぞれへの商談も大歓迎です。

日時:2014年10月17日(金)12:00~21:00
2014年10月18日(土)11:00~20:00
場所:恵文社一乗寺店コテージ(Tel:075-711-5919)
最寄駅:叡山電鉄「一乗寺駅」徒歩3分、市バス「高野」「一乗寺下り松」「一乗寺高槻町」

=======

COET <コエット>”装飾を捨てた後の美しさ” がコンセプトのバッグブランド。2006年、ONESHEET-BAGの発売開始と同時にCOETを設立。廃材を使ったエコロジーラインと正規の布を使ったレギュラーラインを展開中。

fajue<ファジュエ>”調和のとれた美しさでありながら、自然体でいられる心地良さ”を求めて、生きる活力になるモノづくりをコンセプトに、うつわや、オブジェ・アクセサリーを制作しています。fajueの活動のきっかけとなった、陶パールのアクセサリーをはじめ、彩り豊かなラインナップを展開しています。

Ronald Searle<ロナルド・サール>イギリスのグラフィックアーティストであり風刺画家。サール独特の線から生まれる毒もユーモアも含んだ作品は多くの傑作を残したが、中でも最も知られている作品はおそらく”聖トリニアンズ女学院”と小説家のジェフリー・ウィランズとのコラボ作品”モールスワース”シリーズ、”サールズキャット”を代表とした猫の作品が印象的である。

 

test