COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
asobiuta
「あそびうたするものこのゆびとまれ」中脇初枝さんお話会
2019年5月25日(土)

当店でも好評発売中の、中脇初枝さん編・ひろせべにさん絵による『あそびうたするものこのゆびとまれ』『あそびうたするものよっといで』の刊行を記念して、編者の中脇さんによるお話会を開催いたします。

この二冊の本に収録された数々のあそびうた。それらを集めた経緯やこぼれ話などとともに、会場に集まった方々と手遊び歌も楽しんでしまおうという愉快な企画です。そして合間合間には、これらの本の成立の背景にもなった、中脇さん自身が探求し続ける昔話に関する話題も登場するかもしれません。あそびうたの世界は、子どもを題材にした多くの小説も発表してきた中脇さんならではの「子ども」と「口承文芸」というテーマがある意味合わさったユニークな舞台。全編を通じて、子どもの世界を豊かに彩る「あそびうた」の魅力を体感できる内容になる予定ですので、ぜひふるってご参加ください。小さなお子さんも大歓迎です。

【日時】
5月25日(土) 14:30 開場 / 15:00 開演
※要予約。
※お話会はおよそ1時間を目安にしています。
その後、質疑応答と、中脇初枝さん・ひろせべにさんによるサイン会を予定。

【会場】恵文社一乗寺店 COTTAGE

【入場料】1000円(小学生以下は無料)

【出演】中脇初枝

【ご予約方法】
・恵文社 COTTAGE イベント参加フォームより
 https://cotage.sakura.ne.jp/event_form/ 
・恵文社店頭まで 075-711-5919

【出演者プロフィール】
中脇初枝
徳島県に生まれ、高知県で育つ。筑波大学で民俗学を学ぶ。小説に『魚のように』(第2回坊ちゃん文学賞)『祈祷師の娘』『きみはいい子』(第28回坪田譲治文学賞)『わたしをみつけて』『世界の果てのこどもたち』『神に守られた島』『神の島のこどもたち』、昔話集に『女の子の昔話』『ちゃあちゃんのむかしばなし』(第64回産経児童出版文化賞JR賞)、絵本に『こりゃまてまて』『あかいくま』などがある。

------------
あそびうたするもの このゆびとまれ 商品ページはこちら
あそびうたするもの よっといで 商品ページはこちら

test