COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
スクリーンショット 2020-03-16 12.41.13
一冊!宣言~本屋と出版社と、読者の「これから」を考える
2020年4月17日(金)

開催のあり方が変わりました!こちらのイベントはオンライン配信になります。
詳細は下記の青字の部分をご覧くださいませ。
カバー表1

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2006年に創業、今年で丸14年となる出版社・ミシマ社。

「原点回帰」「一冊入魂」をかかげて「おもしろい!」を込めた本作りをおこない、これまで136冊(2020年3月現在)の本を出版するほか、本の作り方だけでなく直取引という取引方法を採用したり、昨年は、少部数レーベル「ちいさいミシマ社」を立ち上げるなど、出版の未来のあり方を模索をつづけてきました。「これはうまくいったかな」と思うことが少しあったかと思えば、失敗、反省も数知れず・・・

そんなトライ&エラーを繰り返してきたミシマ社の過去6年を振り返った。新著『パルプ・ノンフィクション~出版社つぶれるかもしれない日記』。本書を上梓したばかりのミシマ社代表・三島邦弘とともに、本屋、出版社、読者の「これから」を考えるイベントです。

 

すべては、本の未来を豊かにするためにーー

新会社を立ち上げて始めるクラウドサービス「一冊!取引所についても、

その理念や思いを、ぞんぶんに三島が語ります。

トークの聞き手は、恵文社一乗寺店から鎌田が務めます。

 本に関わる仕事に就いている方やこれから就きたい方、

自分の手で「場」をつくりたい方や、これからの「ものづくり」に興味のある方はもちろん、とにかく「おもしろい」に触れたい方々・・・ご参加をお待ちしています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

こんにちは。ミシマ社の三島邦弘です。

拙著『パルプ・ノンフィクション』発刊前から広がり見せていた新型コロナウイルス。4月5日現在、感染拡大の可能性が高まってきました。

現状況を鑑み、4月11日に予定していた福岡でのイベントは延期、そして17日の本イベントはオンライン配信でのイベント開催に変更することにいたしました。

ライブを楽しみにしていた皆さまには、申し訳ないかぎりです。私も同じ気持ちです。

予定通り開催することになっていたならば、けっして「不要不急」のイベントにはしない。そう強く思っていました。

 

今回、オンライン配信という形にはなりますが、同じ気持ちで臨む所存です。

タイトルは、当初のまま「一冊!宣言~本屋と出版社と、読者の「これから」を考える」でまいります。

 

ただし、企画時よりはるかに、「これから」のことを考える場にしたく思っています。出版界の話を超えて。

 

2020年4月17日19時〜 ありったけのアイデアと思考を語り尽くしたいと思います。ご参加楽しみにしております。よろしくお願い申し上げます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【日時】

2020年4月17日(金)

19:00開演 / 18:30開場

【出演】

三島邦弘(ミシマ社代表)

聞き手:鎌田裕樹(恵文社一乗寺店)

【お申し込み】

こちらのイベントをご覧いただくには、「オンライン配信チケット」のご購入が必要です。ご購入はこちら↓

●「一冊! 宣言」オンライン配信チケット(550円)

※ オンライン配信をご覧いただくには、インターネット環境が必要です。

※ チケットをご購入の方に、配信URLをお送りいたします。

※ やむを得ない事情によりライブ配信ができなかった場合、ご返金いたします。

恵文社一乗寺店・鎌田からのコメント

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 他の業界の人と話していて、恥ずかしいとまで思わされる出版・書店業界の「当たり前」。

 いまだにFAXでの注文がスタンダードだったり、骨董品のようなウェブ注文システムに頼っていたり。

 長年の蓄積は大きな武器にもなりますが、時に、患部の治療を後回しにする思考の麻痺をもたらします。

 創業以来、直取引のノウハウを築いてきたミシマ社だからこそできる取引システムの立ち上げ。

 手渡しの熱を残しながら、業界全体のアップデートを「一冊!取引所」が担ってくれることを大いに期待しています。

 出版社、本屋、読者。誰もが当事者。ともに歩んでいきましょう。

 きっと良い未来に繋がるはずです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

test