COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
0000000236112_qCh02j8
小倉ヒラク『日本発酵紀行』刊行記念トーク “発酵”で日本の歴史と暮らしがわかる! 8か月間の発酵の現場をめぐる旅で見えたもの。
2019年7月19日(金)

0000000236112_qCh02j8

発酵と文化人類学をクロスオーバーさせたデビュー作『発酵文化人類学』が大きな話題を呼んだ著者、発酵デザイナー・小倉ヒラク。

2018年夏に出発し、8ヶ月に及んだ47都道府県の発酵文化をリサーチするフィールドワークの旅を記録した待望の新刊『日本発酵紀行』が5月に発売されました。

山・海・島・街。酒・味噌・醤油、見知らぬ食べ物まで。発酵食とは、その地の食文化や気候、あらゆる暮らしのアーカイブとして連綿と引き継がれていくもの。発酵そのものを愛し、職人や住民、現場の人々へ最大限のリスペクトを惜しみなく表す、ヒラクさんの真骨頂とも言える一冊です。

今回のトークでは、多種多様な日本の発酵食とそれらが生まれた背景を分かりやすくご紹介。小倉ヒラクさんが各地の発酵の現場を巡って出会った、魅力的な作り手やローカリティについても、お話します。ぜひご参加ください。

店内には、現在開催中の展覧会「Fermentation Tourism Nippon 発酵から再発見する日本の旅」からもってきた、展示パネルを掲示中です。

【日時】

2019年7月19日(金)

開場18:30 / 開演19:00
【参加費】

1500円(定員あり)
【ご予約方法】

・恵文社ウェブご予約フォームよりhttps://cotage.sakura.ne.jp/event_form/

・恵文社店頭まで(075-711-5919)

【プロフィール】

小倉ヒラク

小倉ヒラク
大学で文化人類学を専攻し、フランスで美術を学びデザイナーとして独立。発酵食品のデザインを多く手がけるうちに「発酵デザイナー」を名乗ることとなった異例経歴を持つ、注目の人。デビュー作『発酵文化人類学』は、ニッチな内容ながら広く話題を呼び、今回の新刊『日本発酵紀行』は待望の2冊目の著作となる。http://hirakuogura.com/about-me/
『日本発酵紀行』の詳細ページはこちら

test