COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
icon_3
ことばとものの人文学 ——京都、分解、人類学——
2019年7月6日(土)

icon_3

/////////////////////////////////////

世界思想社×青土社 共催

ことばとものの人文学 ——京都、分解、人類学——

0706-2

松村圭一郎・中川理・石井美保編『文化人類学の思考法』(世界思想社)
藤原辰史『分解の哲学——腐敗と発酵をめぐる思考』(青土社)
石井美保『めぐりながれるものの人類学』(青土社)
刊行記念イベント

/////////////////////////////////////
現代の生きづらさにどう対処すべきか? 京都に学問的なルーツを持つ、一人の歴史学者と二人の人類学者が、それぞれの新刊の発売を機に、徹底的に語り合います。

登壇されるのは、『ナチスのキッチン』『給食の歴史』などで若者から絶大な支持を得る藤原辰史さん、『うしろめたさの人類学』がベストセラーになり毎日出版文化賞特別賞を受賞した松村圭一郎さん、『精霊たちのフロンティア』『環世界の人類学』などを発表し学界の中核を担う石井美保さん。

現代の京都学派(?)の三人が、それぞれの新刊を "本気で" お互いにレビューしあいます。さらに、自著の朗読も。学者の知と肉声が融合する「ことば」のチカラを感じてください。

「ことば」とともに、生きづらさを乗り越えるカギになるのが、「もの」。腐りもの、壊れもの、捨てもの、そしてそれらを〈ほどく〉ものたちと共にある思想。そこから、新しい〈つながり〉が生まれる可能性を語りあいます。

最高のメンバーでお届けする一度限りのイベントに、ぜひお越しください。

/////////////////////////////////////

【日時】

2019年7月6日(土)

開場13:30 / 開演14:00

【参加費】
1000円

【ご予約方法】
・ウェブご予約フォームより
https://cotage.sakura.ne.jp/event_form/

・恵文社店頭まで(075-711-5919)

/////////////////////////////////////

○プロフィール

matsumura1
松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)
1975年生まれ。岡山大学文学部准教授。専門は、所有と分配、経済人類学。
おもな著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社)、『文化人類学 ブックガイドシリーズ基本の30冊』(人文書院)、『うしろめたさの人類学』(ミシマ社)。

Ishii1

石井美保(いしい・みほ)
1973年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専門は、文化人類学、アフリカ・南アジア研究。
おもな著書に『精霊たちのフロンティア』(世界思想社)、『環世界の人類学』(京都大学学術出版会)。

fujihara1

藤原辰史(ふじはら・たつし)
1976年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専門は、農業史、食と農の思想、
ドイツ現代史。
おもな著書に『決定版ナチスのキッチン』(共和国)、『戦争と農業』(集英社インターナショナル新書)、『トラクターの歴史』(中公新書)、『給食の歴史』(岩波新書)、『食べるとはどういうことか』(農文協)。

test