COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
スクリーンショット 2019-02-25 16.15.46
『数学の贈り物』発刊記念 森田真生公開インタビュー 
2019年3月13日(水)

6d264149d660fb1ee63b69585b35115ac8348c71-thumb-autox310-23

独立研究者・森田真生さん初の随筆集『数学の贈り物』がミシマ社より3月20日(一般発売予定)に刊行されます。

一般の発売に先駆け、本の完成間もない森田さんの声と今回の新刊への思いを語っていただく会を設けました。

聞き手はミシマ社の三島邦弘さん。

編集者から著者への公開インタビューを通じて、新刊『数学の贈り物』の魅力を存分に伝えてもらいましょう。

もちろん、会場では書籍の販売も行いますので、ご家族やご友人に「贈り物」としてぜひこの一冊を。

いち早く手にとっていただける関西では唯一の機会です。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

【日時】
2019年3月13日(水)
18:30開場/19:00開演 (1時間程度を予定しております。)
【参加費】
2,000円
※ 新刊『数学の贈り物』一冊込みです。
【ご予約方法】
ウェブ予約フォーム・恵文社店頭まで☎︎(075-711-5919)

 

【書籍情報】

l

『数学の贈り物』森田真生ミシマ社刊

独立研究者・森田真生。初の随筆集。

日常の気づきに対し、岡潔、ヴァレラ、デカルトら、先達の声を聴き、それを文章、新たな声として生まれ変わらせる。独立研究者という道、森田真生という人がどのように生きていくか、その選択と道を表すような一冊。5年間にわたる「ミシマガジン」での連載に加筆修正を加え、待望の単行本化。装丁、寄藤文平、鈴木千佳子。ぜひお楽しみに。

一般発売は3月20日予定。当イベントは先行してお求めいただける唯一の機会です。

 

【プロフィール】

morita-thum

森田真生(もりた・まさお)

1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。現在は京都に拠点をかまえ、独立研究者として活動。全国で「数学の演奏会」をはじめとするライブ活動を行っている。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)を刊行、第15回 小林秀雄賞を受賞。2016年2月には、編纂を担当した岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)が刊行となった。ミシマ社では、数学にまつわる本を紹介しながら、数学を通して「生きること」を掘り下げるトークライブ「数学ブックトーク」を共催。2016年1月には、ライブで手売りすることを元に作られた『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)が発刊された。http://choreographlife.j

 

mishimakunihiro_150122_HP-thumb-300x449-434

三島邦弘(みしま・くにひろ)

1975年京都生まれ。 ミシマ社代表。「ちゃぶ台」編集長。2006年10月、株式会社ミシマ社を設立。2011年4月、京都にも拠点をつくる。「原点回帰」を標榜した出版活動をおこなっている。著書に『計画と無計画のあいだ 』(河出書房新社)、『失われた感覚を求めて』(朝日新聞出版)がある。

 

test