COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
4
『きんじよ』を食べる 〜北白川・おおきに屋さんのとっておきの味〜
2018年8月30日(木)

4

【日時】

8月30日(木)開演19:00/開場18:00

【料金】

2000円(お料理つき・要申込)

飲み物各種別料金

【ご予約方法】定員あり

※お料理の準備の都合上、ご予約は8/27(月)正午までにお申し付けください。

(なお、27日以降のご予約はお料理なし、トークのみのご予約を承ります。その場合、参加費は半額となります。)

ウェブご予約フォーム
・恵文社店頭まで(075-711-5919)
直前のキャンセル、無断のキャンセルはキャンセル料を頂戴する場合がございます。

【ゲスト】

いしいしんじさん  望月さん(おおきに屋店主)

IMG_5609

【内容】

いしいしんじさんの京都暮らしはおおきに屋さんからはじまりました。そんな「きんじよ」な店、おおきに屋さんが一夜限り恵文社一乗寺店に出張!いしいさんが学生時代から通う「きんじよ」の味をお試しください。お料理といっしょに展開されるのはいしいさんが「もっちゃん」と慕う店主・望月さんとのいつものカウンターでのトーク。耳で、舌で、全身で「きんじよ」を味わいましょう。

【お知らせ】

ミシマ社主催、いしいしんじ 夏の「きんじよ」祭!

7月14日から8月末にかけて、いしいしんじさんの「きんじよ」の本屋さんを総動員したイベントを開催。いしいさん親子と一緒に京都の街を遊び尽くしましょう!各書店の店内では、原画展、パネル展などお店ごとに個性的なフェアを開催します。とっておきのお土産もご用意します。また会期中はイベントも盛りだくさん。
http://mishimasha.com/mishinews/kinjo/001417.html

【書籍情報】

books_kinjo-thumb-150xauto-332
『きんじょ』いしいしんじ ミシマ社刊 1500円+税
いしいしんじさんと息子ひとひ君の「きんじよ」には、ホホホ座、誠光社、ミシマ社、三月書房、Hi-fiCafe・・・いろんなお店があって、へんな大人たちがいっぱい。川端丸太町の周辺だった「きんじよ」はいつしか京都駅近くから北大路まで伸び、気づけば福岡もまた「きんじよ」になっていたのでした。

稀代の文章家いしいしんじさんによる抱きしめたくなるほどの愛おしいエッセイ集。

test