COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
0527告知用
ラオス、ロンラン村から届いたコーヒー
2018年5月27日(日)

「作り手」と「みなさん」をつなぐ、温かな空間を。
ラオス、ロンラン村から届いたコーヒーを美味しくお作り致します。

 

【出展者】
Pilot Light Coffee

【時間】
10:00-16:00

【料金・メニュー】
DRIP COFFEE
HOT 500
ICED 550

CAFE AU LAIT
ICED 550

COLD BREW
ICED 500

COFFEE BEANS
・坂ノ途中『Mekong Organic Project』
ラオスの森コーヒー 深煎り
『シロップのような自然な甘さ。ほろ苦く感じられる長い余韻は心地よく、ダークチョコレートのよう。』

・LIGHT UP COFFEE
SANTA RITA / EL SALVADOR 浅煎り
『ラズベリー入りのフルーツティーのような華やかな香り。後味にも残るブラウニーのような甘さ。』

 

【お問合せ先】
info@pilotlightcoffee.com

 

【イベント内容】

坂ノ途中さんの『Mekong Organic Project』という取り組みで、大切に育てられたコーヒー豆が届きました。

コーヒーは、もともとコーヒーチェリーという果実からなる作物です。

農家の方々が一年を掛けて育て、収穫し、精製、脱穀などの工程を経て、日本に生豆として輸入されます。
その後焙煎によって化学反応が起こり、みなさんが普段目にする茶色のコーヒー豆になるのですが、その全ての工程にたくさんの人が携わり、長い年月を掛けて私たちの手に届いているのです。

そうして届いたコーヒー豆を美味しく抽出し、その背景を伝える役目を担うのがバリスタというお仕事だと思っています。
僕たちが少しでも伝えられなければ、みなさんに届くコーヒーは背景の見えない、ただのコーヒーになってしまいます。

つまり、「作り手」と「みなさん」をつなぎ、"一杯のコーヒーを作る"という大きな工程の中でもとても大切な役割を担っているのです。

その担当を今回は僕たち『Pilot Light Coffee』が行います。
みなさんにもっとコーヒーの面白さ、そして美味しさをお伝えしたいと考えています。

今回のイベントは、ゆったりとした雰囲気で、気軽にお話できるようなコーヒー屋の出店です。
ラオスのコーヒーに興味のある方、美味しいコーヒーの入れ方に興味のある方、ただコーヒーを飲みたい方など、誰でも大歓迎です。

店内でも、テイクアウトでも飲んでいただけます。
お近くにお越しの際は、ぜひ遊びに来てくださいね。

【Mekong Organic Project の活動について】
株式会社坂ノ途中は、「未来からの前借り、やめましょう。」をコンセプトに、環境負荷の小さい農業の普及を目指しています。そんな坂ノ途中が2017年、東南アジアの小さな国ラオスで、新たな挑戦をはじめました。

メコンオーガニックプロジェクトは、ラオスの深い森の中おいしいコーヒーをつくることを通して、環境負荷の小さい農業を実践する山岳少数民族の人たちの伝統的な暮らしを支え、失われつつある豊かな森を、未来につなぐプロジェクトです。

HP:https://on-the-slope.com/mekong/
Instagram:@mekong_organic_project
【Pilot Light Coffee の活動について】
Pilot Light Coffee(パイロットライトコーヒー)は、コーヒーのある温かな空間作りで人と人との繋がりを生み、社会的テーマに取り組む活動のきっかけ、"心の種火"が灯ることを目指す、ちょっぴり変わった出張コーヒー屋です。

HP: http://pilotlightcoffee.com/

Instagram:@pilotlightcoffee

 

【私たちについて】

笹田 峻彰 / Shunsho Sasada
大阪市立大学在学中、バリスタとしての基礎を学ぶ。2018年京都で行われた『2nd BREWERS TOURNAMENT』優勝。現在LIGHT UP COFFEEにてコーヒーの魅力を伝えている。
Instagram: @shun8128

森本 康平 / Kohei Morimoto
京都大学教育学部卒業後、デンマーク『Nordfyns Hojskole』にて社会福祉について学ぶ。帰国後は社会福祉法人わたぼうしの会で、障害のある人たちと一緒に働く。EPOCH MAKERSライター。

test