COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
keibusha_main
バロン吉元×山田参助 『画俠たちの夜』 トーク&「泊」ミニライブ
2017年10月11日(水)

keibusha_main

【日時】

2017年10月11日(水)19:00open / 19:30start

【出演】

バロン吉元 山田参助 エ☆ミリー吉元

【料金】

1000円(おまけつき)

※おまけは「限定ポストカード2種」「トーチweb 特製ステッカー」です

※画集「バロン吉元 画俠伝」をお持ちの方にはイベント終了後にバロン先生がサインをします。

【ご予約方法】

ウェブ予約フォーム or 恵文社店頭(075-711-5919)まで

劇画ブームを築いた漫画家であり画家であるバロン吉元氏の作家50周年を記念した作品展「バロン吉元 画俠展」が京都・高台寺で開催中です。オリジナルデザインの襖絵や代表作『柔侠伝』シリーズをはじめとする数々の原画を展示しています。

画俠伝_書影

画集『バロン吉元 画俠伝』編集山田参助(リイド社)

※当日会場でも販売いたします。

展示に先駆けて刊行された画集『バロン吉元 画俠伝』は氏のアートワーク約500点をフルカラーで収録。劇画の時代を創り・享受してきた先行世代と、劇画をレアグルーヴとして捉え直す若い世代をつなぐ一冊として話題を呼んでいます。

今回のイベントではバロン吉元氏本人とその実娘でアートプロデュースを務めるエ☆ミリー吉元さん、そして『画俠伝』編者の漫画家・山田参助さんが、バロン吉元作品の「今だからこその新しさ」を語りつくします。
当日は画集の付録としても封入されているテーマ曲『揺籃行 〜画俠伝のテーマ〜』(歌:山田参助)の生演奏も。

出演者プロフィール
バロン吉元プロフ
バロン吉元
漫画家、画家、ダンサー。旧満州生まれ、鹿児島県指宿市育ち。高校時より画家を志し、上京。武蔵野美術大学西洋画科、セツ・モードセミナーへ入学。1959年の漫画家デビュー後、1970年代にかけての劇画ブームの全盛期を築いた劇画家のひとりとして、『柔侠伝』シリーズ、『どん亀野郎』『殴り屋』等、多数の作品を発表。人気絶頂であった1980年、全ての連載を終わらせ単身渡米、マーベル・コミックで執筆。帰国後は漫画と並行して一枚絵の制作を始める。2003年、文化庁指名により第一回文化庁文化交流使としてスウェーデンへ赴任し、現在に至るまで国内外で展覧会を開催。現在、京都・高台寺で漫画展「バロン吉元 画俠展」が開催中(10月15日まで)。
Twitter @BaronYoshimoto
山田参助プロフ
山田参助
1972年大阪生。1994年「さぶ」でデビュー。以後、エロ雑誌、風俗誌、実話誌などで執筆。現在「コミックビーム」(KADOKAWAエンターブレイン)で『あれよ星屑』を、「コミック乱」(リイド社)で『ニッポン夜枕ばなし』を連載中。著書に『あれよ星屑』(KADOKAWAエンターブレイン)、『十代の性典 山田参助青春傑作選』(太田出版)のほか、大友克洋・寺田克也主催のアンソロジー本『親父衆』(集英社)、『谷崎潤一郎マンガアンソロジー 谷崎万華鏡』(中央公論新社)などに参加している。昭和歌謡デュオ「泊」のボーカリストとしても活躍中。
Twitter @sansuke_yamada
test