COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
DSC_8218
ワァ!ワァ!ワァ!タラブックスがやってきた!
2017年8月3日(木)

440e5c6381709bf45dc727cff4ad76aa

夏だ、インドだ、タラブックスだ!

イベント専用ページ、ご予約はこちらのフォームから→http://tarabooks.jp/event20170803/

手漉きの紙に、手刷りのシルクスクリーン印刷、そして手製本……なにからなにまで手づくりの絵本をつくるインドの出版社「タラブックス」。彼らの仕事と作品の数々を紹介する『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』の発刊を記念して、恵文社一乗寺店コテージが3日間限定のタラブックス専門書店になります!

インドから届いた手づくり絵本を中心に、画集、写真集、ペーパーバックまで幅広いタラブックスのラインナップを並べます。また、ミスプリント紙を活用した手製本ノートブック「フルークブック」や、シルクスクリーンのグリーティングカードなど、絵本以外のアイテムも充実。

絵本『夜の木』の舞台、少数民族ゴンド族の村の暮らしを撮った写真や、大判アートプリントも展示。さらにプチワークショップ、南インド料理ランチ、スライド&ブックトークなど催しももりだくさん!

見て聞いて触って香って味わって、五感を刺激するたのしいタラブックスの本屋さんの開店です。

【日時】

8/3木 13:00~20:00

8/4金 11:00~21:00

8/5土 11:00~21:00

※開場時間中はいつでも展示をご覧いただけます。会期中の催しは下記を御覧ください。

DSC_8218

19:00~ ブックトーク「タラブックスの本を語る」

手づくりにもかかわらず、世界で数十万部を越える大ベストセラーとなった絵本たちはいかにつくられたのか。これまでのタラブックスの作品を振り返り、これからの働き方、生き方を考える濃密な一夜! ◎1000円(チャーイ付/要予約)

 Cr-69TwUkAAcxom

8/5土 11:00~21:00

12:00~15:00 「南インドの昼ご飯を食べよう」
タラブックスがつくられているのは南インド。野菜と豆を中心したおかずで米を主食にたべる南インド料理は、あっさりとして日本人にも食べやすいです。南インドのカルナータカ州の家庭料理ランチを再現します。◎1500円(ランチ限定30食/要予約)

DSC_1987

18:00~ スライドトーク「『夜の木』の村へ」
中央インド、マディア・プラデーシュ州の少数民族ゴンド。彼らは美しい民俗画を描くことで知られる森の民。絵本「夜の木」「世界のはじまり」などの作者でもあるゴンド族の画家バッジュ・シャームの村の暮らしを美しい写真とともにめぐる。◎1000円(要予約)

会期中は終日開催

●プチワークショップ「タラブックスと遊ぼう」
タラブックスのミスプリント紙「フルークペーパー」や、手刷シルクスクリーンでカードやバックをつくって遊ぼう!各15~20分ほどでできる気軽なワークショップです。お子さま、親子での参加も大歓迎。 ◎500円~(予約不要)

●タラブックス・カフェ
チャーイやマンゴージュース、ラッシー、インドビールなど飲みもの、スパイシーなスナックなどをご用意しています。ぜひ涼みにいらしてください。

★4日ブックトーク、5日ランチ、スライドトーク……3つのイベントをすべて参加される方にはすてきなプレゼントあります

KAILAS(松岡宏大&野瀬奈津子) 編集者&ライター&フォトグラファーのユニット。旅をテーマにした書籍や雑誌、イベントの企画・制作に携わる。『地球の歩き方aruco』シリーズではインドをはじめ4カ国の制作を担当。ときに世界で買い集めた品々を販売することもある。近著に『持ち帰りたいインド』など。www.facebook.com/kailasindo

 

矢萩多聞 装丁家。9歳から毎年インド・ネパールを旅する。中学1年生で学校をやめ、ペンによる細密画を描きはじめる。1995年から南インドと日本を行き来しして暮らす。2002年、本づくりの仕事をはじめ、これまでに450冊を超える本を手がける。著書に『偶然の装丁家』、『たもんのインドだもん』がある。www.tamon.in

test