COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
hoboniticurry_main_s
「カレーの学校」in 京都
2017年6月25日(日)

水野仁輔 + ほぼ日刊イトイ新聞
「カレーの学校」in 京都

カレースター(命名:糸井重里)の水野仁輔さんと
ほぼ日がおこなっている「カレーの学校」が京都で開講します。
今回は集中講座として、2日間朝から晩までカレーの
ことを考える、たのしい週末をあじわっていただけること
まちがいなしです。

 

[出展者]ほぼ日刊イトイ新聞

[時間]
6/24(土)11:00-19:00(10:30受付開始)
6/25(日)11:00-18:00(10:30受付開始)

[料金]32,400円(税込)

[お問合せ先]
ほぼ日刊イトイ新聞「カレーの学校」
curryschool@1101.com

[お申し込み方法] ※お申込み受付は終了いたしました。
ほぼ日刊イトイ新聞「カレーの学校」のページから、
必要事項をご記入のうえ、ご応募ください。
http://www.1101.com/curryschool/index.html

[お申し込み締め切り]
5月31日(水)23:59まで。
[授業内容・スケジュール]
<1日目  6/24(土)>
10:30 開場・受付開始
11:00-12:30 1限目「カレーとは、何か?」
12:30-13:30 お昼休憩
13:30-14:30 ゼミの時間(その1)
14:30-16:00 2限目「港と英国をめぐるカレーライス伝来秘話」
16:00-16:30 休憩
16:30-18:00 3限目「関西カレー店マップを作ろう」
18:00-19:00 ゼミの時間(その2)
<2日目  6/25(日)>
10:30 開場・受付開始
11:00-12:30 4限目「スパイスとは、何か?」
12:30-13:30 お昼休憩
13:30-14:30 ゼミの時間(その3)
14:30-16:00 5限目「おいしいカレーにたまねぎ炒めは必要か?」
16:00-16:30 休憩
16:30-18:00 6限目「スパイスカレーの極意(デモ、試食つき)」

「カレーの学校」には水野さんの講義のほかに、
生徒それぞれが興味のあるテーマごとに分かれて、
やりたいことを追求していく、
「ゼミの時間」があります。
(水野さんはそのとき、アドバイザーのようなかたちで
各テーブルをまわります)
[募集人数]30名

 

[水野仁輔(みずのじんすけ)さんプロフィール]

hoboniticurry_prof

1974年生まれ、静岡県浜松市出身。
カレースター(糸井重里命名)。
飽くなき探究心と好奇心を持つ、
カレーにまつわるあらゆることのスペシャリスト。
活動は多岐にわたり、
日本全国各地のイベントへ出張して
ライブクッキングを行ったり、
スパイス&カレーの専門家として
雑誌やテレビに登場したり、
多種多様なカレーの本を作ったりされています。
(関わってきた本の数は、なんと100冊以上!)
最近では、家で気軽に本格カレーをたのしめる
スパイスセット「AIR SPICE」を販売する
株式会社エアスパイスの代表でもあります。
願いは「ジャパニーズカレーのさらなる発展」。
作るカレーは、ほんとうにおいしい。
水野仁輔さんって、どんな人?
~糸井重里、水野さんに新しい肩書きをつける~
http://www.1101.com/j_mizuno/
カレー界のみなさんから見た、水野さん
http://www.1101.com/curryschool/minasan/2016-04-26.html

 

test