COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
スクリーンショット 2017-04-14 13.59.01
「団地のはなし 」「#カリグラシ 」合同出版記念トークイベント in 京都!
2017年5月2日(火)

 

スクリーンショット 2017-04-14 14.06.20

「団地のはなし 彼女と団地の8つの物語」(青幻舎)「#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学」(ぴあ)合同出版記念トークイベント in 京都!

「不動産の可能性、そのとき団地は…」

「団地のはなし」と「#カリグラシ」という、この春に出版された2冊の書籍の合同トークイベントを開催します。どちらの本の中にも、団地をひとつのテーマとして扱いながら、これまでの一般的な団地イメージを更新するような内容が含まれていますが、イベントでは、これらの本を足がかりにしながら、さらにその先の団地や賃貸生活、暮らし方について話を進めます。

ゲストに宿泊型アートスペース「kumagusuku」を手がける矢津吉隆さん、新世代の不動産プランナーとして活躍する岸本千佳さんのお2人をお迎えして、「団地のはなし」の編著者である東京R不動産の千葉敬介さん、「#カリグラシ」の編集者のひとりである竹内厚さんを交えて、不動産の可能性についてお話しします。

団地や不動産、暮らしのこれからを考える絶好の機会となるはず。

 【日時】

5月2日(火)20:00ー21:30頃 / 開場19:30

【参加費】

1000円 or ※対象書籍購入された方は無料

※「団地のはなし 彼女と団地の8つの物語」(青幻舎)

「#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学」(ぴあ)

【ご予約方法】

ウェブ予約フォームから

https://cotage.sakura.ne.jp/event_form/

もしくは恵文社店頭まで(☎075-711-5919)

 

【登壇者プロフィール】

yazu

矢津吉隆(やづ・よしたか)

1980年大阪生まれ。
京都市立芸術大学美術科彫刻専攻卒業。
京都造形芸術大学非常講師。京都を拠点に活動。
主な展覧会に「青森EARTH2016 根と路」青森県立美術館(2016)、
個展「umbra」TSCA  (2011)など。
2013年、AIRプログラムでフランスのブザンソンに2ヶ月間滞在、
個展を開催する。
2012年から宿泊型アートスペース kumagusuku のプロジェクトを始動、
瀬戸内国際芸術祭2013 醤の郷+坂手港プロジェクトに参加。
2015年1月にKYOTO ART HOSTEL kumagusuku を正式オープン。
kishimoto
岸本千佳(きしもと・ちか)
[addSPICE代表]
1985年京都生まれ。
滋賀県立大学環境建築デザイン学科卒業後、東京の不動産ベンチャーに入社。
2014年に帰京後、addSPICEを設立。
不動産企画・仲介・管理を一括で受け、建物の有効活用を業とする。
暮らしに関する執筆も行う。
著書に『もし京都が東京だったらマップ』(イースト新書Q)。
takeuchi
竹内厚
(たけうち・あつし)
1975年生まれ。編集者。
雑誌やムック本、フリーペーパー、ウェブマガジンの編集、執筆を手がける。
2015年2月から始まった、
UR都市機構のウェブマガジン『OURS. KARIGURASHI MAGAZINE』、
書籍『#カリグラシ』編集担当。

chiba

千葉敬介(ちば・けいすけ)
1972年、東京生まれ。
1995年、東京都立大学工学部建築学科卒業。
2004年、セレクトショップ的な観点からこだわりの不動産物件を扱う東京R不動産に参加。「東京R不動産」、「団地R不動産」ほか数サイトの運営に携わる。書籍「団地のはなし 彼女と団地の8つの物語」では、企画・監修・編集を担当。

test