COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
0731_main
飴細工ワークショップ / 飴細工KAYA
2016年7月31日(日)

★★料金設定などが変更しております。ご確認下さい。(7/16更新しました)★★

 ※ お申込み受付は 7月28日まで となります ※

[講師]
飴細工KAYA
ホームページ http://www.amezaiku-kaya.com/#!blank-1/ylsgr
2001年飴細工の職人さんのもとで練習を始める。2006年より個人で活動を始める。
大阪を拠点に出張飴細工などしています。
[日時]
2016年7月31日(日) 
12:00~
13:40〜
15:20〜
17:00〜
18:40〜
*各回だいたい一時間くらい
*1クラス最大6人

[対象]
小学生以上~大人(小学生以下は不可)

[料金]
お一人 1,300円 (だいたい1時間くらい)

★高校生以下の方半額

子どもさんと一緒に受講される方は、親御さんも半額とさせていただきます。

[持ち物]
タオル1枚(飴細工持ち帰り時のクッションがわり)
できた飴細工は、お持ち帰り下さい。

*お土産飴細工は、欲しい方のみ予約時にご注文下さい。*
手うめーネコ(1つ400円)お一人2つまで。
(↓写真を御参照下さい)

おみやげ3本2-450

[お問合せ先] amekaya@apricot.ocn.ne.jp

(件名に コテージワークショップ と入れて下さい)

メール先着順とさせていただきます。    
参加希望時間、参加者お名前、年齢(子供さんの場合)、連絡先をお知らせ下さい。

 ※お申込み受付は7月28日までとなります※

お申込み状況や飴細工の動画はこちらのサイトからごらんいただけます。http://www.amezaiku-kaya.com/#!blank-1/ylsgr

 

あめざいくを体験してみませんか~。

熱い飴が固まるまでのあいだに、握りバサミと手で形をつくってあそびましょう。

飴は、とても熱いので、講師が練って棒に付けた状態で順番にお渡しして行きます。

(すでに棒に付いていますので、ちょっと熱いけど、やけどの心配はほとんどないです。)

かんたんそうに見えて、なかなか手ごわい飴細工ですが、

できるだけシンプルな作り方をご紹介します。

講師もお手伝いしますので、なんとかなるさ~。

お一人2本作っていただきます。(動物2本、又は 動物1本と顔1本)

 

~予めご確認下さい~

・開始時間の10分前にはおこし下さい。(20分前から入れます。)
受付のあと、手のチェック、水分補給(お茶などご用意しておきます)、

トイレ、身じたく、手洗いをすませたら、作り方手順の写真を見てお待ち下さい。
(先にちょっと頭に入れておくといいですよ!)

・始めに、注意事項の説明や、ハサミの持ち方の練習をします。
時間厳守でお願いいたします。
・手のチェックをさせていただきます。 つめは切って下さい。
ふさがっていない傷(とくに化膿しているもの)がある人、
アルコール消毒のできない人は、すみませんが、受講できません。
受講の方には、素手で制作していただきます。受講しない場合は、お代金はいりません。
(講師は、今回はニトリル手袋着用予定です)
ケガなどあるけどやりたい、という方は、食品対応の手袋をしてください。
こちらでご用意できるのは、SS、S、Mサイズのみです。
(SSで小柄な女性向け)
・髪の長い人は、まとめたり、手ぬぐいを巻くなど、
髪の毛にさわらないようにしておいて下さい。
・服に、色素が付くのが心配な人は、エプロンなどお持ち下さい。
・受講料は、おつりのないよう、ご協力よろしくお願いいたします。
・小学3年生までは、保護者の方と来て、一緒に受付、準備をして下さい。
お迎えもよろしくお願いいたします。

保護者の方も、見学、参加して頂いて結構です。小3以上でも保護者の付き添い可。
(保護者の方が制作を手伝う場合は、手のチェック、手洗い、消毒をしていただきます。)

最終クラスに参加される中学生以下の方は、
保護者によるお迎えをよろしくお願いいたします。
・握りバサミを使いますので、ケガの可能性は、あります。
(今までのところは、ありませんが・・。)
簡易な救急箱は用意いたしますが、事故の責任は負いかねます。
予め、ご了承下さいませ。
・飴の材料: 水飴、砂糖、焼酎(色素を溶くのに使用)、
着色料(竹炭、赤102、青1、黄4)コーンスターチ(手粉)
みなさんの作った飴細工の日持ちは、日陰の涼しい場所で3日~5日くらい、
冷蔵庫で2か月くらいです。
お土産の飴細工は4か月(8~9月は冷蔵保存推奨)

動物5種300Jかおをつくろう300J

test