COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
0811_s
ENSEMBLES ASIA / Asian Sounds Research報告会
2015年8月11日(火)

本年6月にマレーシア・ペナン島で開催された展覧会「OPEN GATE;動き続ける展覧会」(主催:国際交流基金アジアセンター)の報告会を開催。ディレクター・キュレィターを務めたSachiko Mが記録映像とともに振り返ります。

[ 日 時 ]
2015年8月11日(火) 18:30open / 19:00start
[ 出 演 ]
Sachiko M(音楽家、Asian Sounds Research プロジェクト・ディレクター)
小崎哲哉(Realkyoto編集長)
[ 記 録 映 像 ]
樋口勇輝
[ 場 所 ]
恵文社コテージ(京都市左京区一乗寺払殿町10 恵文社一乗寺店 南側)
[ 参 加 費 ]
1000円+ワンドリンクオーダー

[ ご予約・お問合せ ]
アンサンブルズアジア事務局
info@ensembles.info
※上記アドレスにて、件名を「open gate報告会」として、
お名前 / お電話番号 / 予約枚数をお知らせください。

[ 協 力 ]
F.M.N. Sound factory、P-hour、Realkyoto
[ 主 催 ]
国際交流基金アジアセンター
Asian Sounds Research http://www.soundsresearch.com

 

Sachiko M
音楽家。テスト用の信号音(サインウェーブ)を使った電子楽器を演奏し世界的に活躍する前衛即興音楽家。サウンドインスタレーション、写真作品の発表、歌の作曲もこなす。ENSEMBLES ASIA / Asian Sounds Research プロジェクトディレクター。今年6月マレーシア、ペナン島で開催された” OPEN GATE”「動き続ける展覧会」のディレクション、キュレーション、総合演出を務め、現在アーカイブ制作にむけて奔走中。

小崎哲哉
1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』及び『REALKYOTO』発行人兼編集長。写真集『百年の愚行』などを企画編集し、アジア太平洋地域をカバーする現代アート雑誌『ART iT』を創刊した。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員、同大大学院講師。あいちトリエンナーレ2013の舞台芸術統括プロデューサーも務めた。

樋口勇輝
映像作家。2011年茨城大学卒業。各所で各種を習得しつつ映像制作を軸に活動。手段として映像を扱うものの、興味は映像にとどまらず、展覧会の制作現場でも重宝さ れる様々なスキルを持つ。OPEN GATEでは映像記録を担当。リサーチ初期からのメンバーである彼の視点で撮影されていく映像は会期中も公開された。

 

!cid_EFD9C164-0EE1-493B-A3E2-191DFD60FB78

 

test