COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
furuhonbanner
ま冬のブックハンティング関連イベント「あなたも古本屋になれる!(わけではない)」
2014年12月23日(火)

あなたも古本屋になれる!(わけではない)
ー古本相場の仕組みからこれからの古書店までを考えるー

出演:澄田喜広(よみた屋店主/元「日本の古本屋」事業部長)
進行:堀部篤史(恵文社一乗寺店)

18時半開場
19時開演
1500円(1ドリンク付き)

ご予約はこちらもしくは恵文社一乗寺店店頭/お電話にて

イベント開催から早10年。年末年始の恒例イベント「冬の大古本市」にあわせ、古本をテーマにトークイベントを開催いたします。新刊書店で古書を販売することが当たり前のように浸透、ウェブ上で古書検索が容易になり、誰もがセドラーとなり個人規模で古書を売買するようになった昨今。古本屋のあり方も大きく変わりつつあります。

そんな中、今夏刊行された『古本屋になろう!』(青弓社)は、現在の古本市場を出版状況の変遷とともに俯瞰的に読み解き、ビジネスとしての古本屋の内幕を詳細に紹介した、門外漢にも分かりやすく、刺激的な一冊でした。今回、著者であり、吉祥寺の古書店「よみた屋」の店主、元「日本の古本屋」事業部長でもある澄田喜広氏をお招きし、同書の内容を中心にお話を伺います。

これから古本屋を目指す人、古本屋に足繁く通う人、古本についてもっと知りたい人。ブックハンティングの帰りに是非ご参加くださいませ。これからの古本の買い方、古本屋の見方が少し変わるはずです。

日経電子版

澄田喜広(すみだ・よしひろ)

1963年生まれ。和光大学卒業。
1983年に学生アルバイトとして高原書店に入社。8年勤めて独立、東京・西荻窪でよみた屋を開業した。のちに吉祥寺に移転して現在に至る。全古書連のサイト「日本の古本屋」元事業部長。東京古書組合主催の「古本屋になるには」一日講座で何度も講師を務めている
よみた屋ウェブサイト(http://www.yomitaya.co.jp/)

test