COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
新書書影
白熱日本酒教室特別講義in京都 「先入観なしで日本酒を飲んでみよう」
2015年4月4日(土)

星海社新書より好評発売中に「白熱日本酒教室」のイベント「白熱日本酒教室特別講義」が京都にもやってきた! 日本酒に関するさまざまなお話を楽しみながら、日本酒を飲んでみませんか。

今回の特別講義は昼の部と夜の部の2回に分けて行います。
出てくるお酒はそれぞれ違いますが、講義内容は同じになります。あらかじめご了承ください。

<昼の部>付終了しました
日時:4月4日(土) 13:00〜16:00(12:30開場)
入場料:2000円(税込み)
※日本酒6種(予定)試飲あり、おつまみ、おみやげつき

<夜の部>★受付終了しました
日時:4月4日(土) 18:00〜21:00(17:30開場)
入場料:2000円(税込み)
※日本酒6種(予定)試飲あり、おつまみ、おみやげつき

ご予約はこちらまたは恵文社一乗寺店店頭、お電話にて(※お申込み時は、ご希望の回もお知らせください。

●イベント概要

あなたが本当に好きな日本酒は、どんなタイプでしょうか。なんとなく好きな銘柄だったり、こういうタイプが好きとは言えても、情報なしで飲んだらどういうお酒をおいしいと思うのか気になりませんか?

日本酒のラベルにはたくさんの情報が記されています。ですが、今回はあえてそのラベルを新聞紙で包んで見えなくし、完全に先入観なしで飲んでいただきます。用意されているお酒はどれもタイプが違うものばかり。何も情報がない状態で飲んだときに、おいしいと感じたお酒は何なのか、しっかりと見極めてみましょう。

先入観なしで飲んだときの感想は、随時大きな付箋紙に書いてもらって、会場内に貼ってもらいます。自分が感想を書き終わったら他の人の感想も見てみましょう。自分がどういう感想を書いていたのか、後から見返してもとても楽しいです。

飲み終わったら種明かしタイム。今回のお酒はこういうお酒でしたという説明が入ります。その情報から、自分の好きな傾向が見えてくるのです!

そうして得たお酒の好みは、きっと今後のお酒選びの参考になることでしょう。
もちろん、お酒の知識がない方のために、どうしてこのタイプがこういう味わいになるのかの説明もいたします。

お水は持ち込み自由です。悪酔いしないためにも、是非ペットボトルや水筒に入れてお水をお持ちください。また、マイおちょこやペンをお持ちの方はご用意いただけると助かります(無い方は若干数用意があります)

また、当日はお酒とおつまみの相性の話に基づいたおつまみの話や、ここでしか飲めないお酒などもあります。

<推奨持ち物>
・おちょこ
・ペン
・水

【出演者】
杉村/啓
自由大学入門日本酒学教授、醤油研究家、料理漫画研究家。1976年生まれ。千葉県出身。2003年頃より日本酒の魅力に目覚め、以来、蔵元や日本酒専門店との交流を持つようになり、日本醸造協会でもセミナーを行うなど、専門家にも一目置かれる存在となる。現在は各種メディアでの寄稿にとどまらず、自由大学の入門日本酒学で教鞭を執るなど、今の日本酒の面白さを伝えるための活動を広く行っている

アザミ/ユウコ
漫画家、イラストレーター。新潟県出身。地元新潟産のお酒から日本酒の面白さに目覚め、サークル「酩酊女子制作委員会」を結成。数々の日本酒をテーマにした同人誌を制作。料理系同人誌界に日本酒ブームを起こす

test