COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
0517B
第2回 数学ブックトーク in 京都/メレ山メレ子・ときめき昆虫ナイト@恵文社一乗寺店
2014年5月17日(土)

昼の部:第2回 数学ブックトーク in 京都

5.17

数学ブックトークは、数学にまつわる本を紹介しながら

数学を通して「生きること」を掘りさげるトークイベントです。

数学がお好きな方はもちろん、数学が苦手・・・という方も

それを吹っ飛ばしてしまうなにかにきっと出合えます。

第2回目からの参加も大歓迎です。

----------------------------------------

開場13:00

開演13:30

料金:3500円(学生・ミシマガサポーターの方は3000円)

ご予約:要

【お申し込み方法】

件名を「数学ブックトーク0517」とし、

「お名前」「ご職業・年齢」「お電話番号」をご記入のうえ

event@mishimasha.com

までメールをお送りくださいませ。

----------------------------------------

森田真生(もりた・まさお)

1985年、東京都生まれ。独立研究者。東京大学理学部数学科を卒業後、独立。

現在は京都に拠点を構え、在野で研究活動を続ける傍ら、全国各地で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」など、ライブ活動を行っている。

「数学と情緒」(『考える人』2013年夏号)、「数学する身体」(『新潮』2013年9月号)、「計算と情緒」(同2014年1月号)、「繊細と幾何学」(『新潮』2014年5月号、4月7日発売)など、数学に関する評論のほか、『週刊朝日』にてコラムも連載中。

2014年1月より、ミシマ社のWeb雑誌「みんなのミシマガジン」にて「数学の贈り物」の連載がスタート。

----------------------------------------

主催:ミシマ社

お問い合わせは TEL:075-746-3438(ミシマ社京都オフィス)まで

 

夜の部:メレ山メレ子・ときめき昆虫ナイト@恵文社一乗寺店
tokimeki_cover

『ときめき昆虫学』(イースト・プレス)出版記念

メレ山メレ子 ときめき昆虫ナイト@恵文社一乗寺店

かわいい、かっこいい、そしていとおしい――そんな虫たちの魅力を、現代の虫愛づる姫君・メレ山メレ子が綴った『ときめき昆虫学』。全国各地、はたまた世界へ飛び出して体当たり取材し、ときめきに満ちた虫の世界を等身大の言葉で案内する本書の刊行を記念し、トークイベントを開催します。写真や映像を交えながら、本に登場するあの虫この虫、魅力的な虫愛好家や研究者についてはもちろん、本に書ききれなかった取材こぼれ話までたっぷり語ります。美しいものや変わったものが好きだけれど、虫はどうも苦手――そんなあなたの中に眠る“虫スイッチ”を押しまくる一夜にしたいと思っています。この春、虫にときめきたいあなた! ぜひこの宴に遊びにいらしてください。

—-

【日時】
2014年5月17日(土)
開場:18:00 開演:18:30 終了:20:30予定(イベント終了後サイン会を予定)
【会場】恵文社一乗寺店COTTAGE(〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10 )

【出演】メレ山メレ子、シークレットゲスト有り!?
【料金】1500円 *特典として「昆虫大学ノート」をお渡しいたします!

【定員】50名

【ご予約】要(当日、席がご用意できる場合はご参加可能です)

【お申込み・お問い合わせ】

以下のサイトよりお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/167739/

——

【出演者プロフィール】
メレ子プロフィール画像
撮影:川瀬一絵

メレ山メレ子
1983年、大分県別府市生まれの会社員。2006年からブログで旅行記を書きはじめる。青森のイカ焼き屋で飼われていた珍しい顔の秋田犬を「わさお」と名づけて紹介したところ、薬師丸ひろ子と映画で共演するほどのスター犬になってしまう事件に見舞われた。旅先で出会う虫の魅力に目ざめ、虫に関する連載や寄稿を行うように。ムネアカオアリの家族とゲンゴロウ2匹と暮らす。今夏、アクアマリンふくしまにて企画展「昆虫大学2014 in アクアマリンふくしま」を主催。

ブログ「メレンゲが腐るほど恋したい」

http://mereco.hatenadiary.com/

———

企画:田中祥子(『ときめき昆虫学』担当編集)

 

 

test