COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
1
昼の部:第14回 彩工房 暮らしと住まいのセミナー / 夜の部: 『北村早樹子「グレイテスト・ヒッツ」発売記念トーク&ライヴ』
2015年3月14日(土)

◼︎昼の部

〇・・・・・・・・・・・・・
 第14回 彩工房 暮らしと住まいのセミナー
 森かおるさんの食育講座
 もうひとつのごはん やさしい・安心子どものおやつ
・・・・・・・・・・・・・〇

saikoubou

彩工房では、「暮らしと住まい」をテーマに、日常を豊かにするさまざまな催しを開催しています。
今回は、毎回大好評の料理家・森かおるさんをお招きして、食育講座を開催します。

子どもが欲しがるからと、ついついスナック菓子ばかり与えていませんか?
とはいえ、身体によさそうなおやつを用意してもなかなか食べてくれなかったり、手の込んだものを作る余裕がなかったりと、毎日のおやつにも悩みがつきものです。

脳も身体もぐんぐん成長する子どもにとって、おやつは体をつくる、大切な、もうひとつのごはんとも言えます。
そこで今回は、素材を活かしたシンプルで美味しいお料理を毎回教えてくれる森さんに、子どものおやつの作り方を教えて頂きます。

お野菜を使ったお団子やカップにアレンジしたトライフルなど、マンネリになりがちないつもの素材も、目先を変えてひと手間を加えれば、子どもが喜ぶ、栄養満点のおやつになります。
素朴で安心な手づくりのおやつを、気負わずに取り入れてみませんか。

これから結婚をお考えの方、妊婦さん、カップル、おじいちゃんおばあちゃん、どなたでもご参加いただけます。
ついでに日々の食事の悩みなども、気さくな森さんに教えて頂きましょう。皆さまぜひご参加ください。

◆日時:3月14日(土) 13:00-15:00

◆参加費:1,000円/名
*ドリンクとおやつの試食付き。
*内容は森さんのお話とデモンストレーション、試食になります。今回は参加者に実際に調理していただくことはありません。
*お子様のご参加:託児はありませんが、お子様も一緒にご参加いただけます。簡単なキッズスペースと授乳スペースをご用意しています。小学生以下のお子様は参加費無料です。

◆講師:森 かおるさん
京都・大山崎町にある料理教室と生活雑貨の店「Relish(http://www.relish-style.com/)」主宰。
教室では旬の野菜をたっぷり使ったレシピと、毎日のごはん作りがおいしく楽しくなる工夫、そして安全な「食」へのはじめの一歩を伝えている。
各地で講座を行うほか、雑誌等にレシピやコラムを提供。
著書に「やさしいおだしの教室」(光村推古書院刊)、「日々のお弁当図鑑」(アノニマ・スタジオ)など。

◆定員:12組

◆申込:彩工房ホームページ(http://saikobo.co.jp/events.html)のイベント申込みフォームにて、参加される方全員のお名前とご連絡先をお伝えください。
2月28日(土)より受付を開始します。

《申込先》彩工房
hp:http://www.saikobo.co.jp mail:info@saikobo.co.jp tel:075-632-9889

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■主催:彩工房
京都市山科区四ノ宮大将軍町15

<<彩工房について>>
私たちは、地域の木と自然素材で家をつくる工務店です。
家をつくるということは、多くのエネルギーと資源を使い、やがてはごみ(資源)となるものをつくり出す作業です。
そして、でき上がった住空間は、住まう人の心や体に影響を与え、ご家族やご近所との関係性や、ひいては地域社会にも影響を及ぼします。
私たちは、そんな家づくりやそこで営まれる暮らしを、あらためて皆様と見直し、自然に寄り添う豊かな家づくりに取り組んでいきたいと考えています。

★4月19日に植林体験教室を予定しています。
★5月下旬に「無垢の木の家」完成見学会を予定しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◼︎夜の部

なりすレコード / P-hour presents
『北村早樹子「グレイテスト・ヒッツ」発売記念トーク&ライヴ』

開場17:30 開演18:00

出演:北村早樹子
トーク・ゲスト:森下くるみ

入場料:予約2000円 当日2500円
予約方法:p-hour@leto.eonet.ne.jpまで、件名を「北村早樹子」として、
お名前/お電話番号/ご予約枚数をお知らせください。

ーーーーーーーーーーーーー

3b19304b083ade97d0c2ebe47a39d0a9cbc3546astd-thumb-200x300-630

 

北村早樹子
http://kitamurasakiko.net/
1985年、大阪府生まれ。高校生の頃より、うたを作って歌いはじめ、2006年に1stアルバム「聴心器」をリリース、以降「おもかげ」(07年)  「明るみ」(11年) 「ガール・ウォーズ」(13年)と4枚のアルバムを発表。2014年、映画『殺人ワークショップ』(監督:白石晃士)の主題歌になった「卵のエチュード」を、初のシングルとしてリリース、同時発売で7インチアナログ盤「マイハッピーお葬式」を雷音レコード/なりすレコードよりリリース。課外活動として「溺死ジャーナル」に小説を寄稿したり、「TRASH-UP!!」でコラム連載をしたりもする。
2015年1月、10周年を記念したベストアルバム「グレイテスト・ヒッツ」を発売予定。

 

main3-thumb-200x200-632

 

森下くるみ
http://blog.livedoor.jp/morisitakurumi/
女優・文筆家。『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』(2011・8)で映画初出演。
2014年8月にはオフィス鹿プロデュース公演第2弾『山犬』で初舞台を経験。著作に『すべては「裸になる」から始まって』(2008・講談社文庫)や、『らふ』(2010・青志社)がある。その他、短編小説、コラムなどを執筆。

ーーーーーーーーーーーーー

572e830f6c6e10a488451814f6da9f5463d1ac44std-thumb-200x198-634

 

北村早樹子ベストアルバム「グレイテスト・ヒッツ」

アーティスト:北村早樹子(キタムラサキコ)
タイトル:グレイテスト・ヒッツ
定価:2.200円+税
レーベル:なりすコンパクト・ディスク
発売元:(株)ハヤブサ・ランディングス
仕様:CD
発売日:2015.1.28
品番:HYCA-3047
JAN:4571167364473

ジャケット・イラスト:本秀康
特別寄稿:杉作J太郎、森下くるみ

収録曲:
01.卵のエチュード
02.歯車に絡まった男の話
03.春の熱
04.歌片
05.蜜のあはれ
06.子ども部屋
07.貝のみた夢
08.わたしの一角獣(新録音)
09.解放(新録音)
10.友達になりたい
11.だ・い・す・き
12.朝も昼も夜も(7inch ver)★初CD化
13.わたしのライオン(新曲)
14.ルミエル聖歌第一番「てんよりくだりしはじめのてんし」(新曲)

M.1=最新SINGLE「卵のエチュード」('14)
M.2,M.3=1st ALBUM『聴心器』('06)
M.4-M.7=2nd ALBUM『おもかげ』('07)
M.8-M.9=3rd ALBUM『明るみ』('11)
M.10-M.12=4th ALBUM『ガール・ウォーズ』('13)
M.13,M.14=本CDに初収録の新曲

*************************************************************************************
北村早樹子 歌手活動10周年記念ベストアルバム
「グレイテスト・ヒッツ」2015年1月28日発売!

可憐さと毒気が絶妙なバランスで同居する偉才女性シンガー・北村早樹子。
デビュー10周年を記念した初のベスト盤「グレイテスト・ヒッツ」が登場!
ジャケット・イラストは人気漫画家/イラストレーター・本秀康の描きおろし!

今年、鬼才白石晃士監督の映画「殺人ワークショップ」の主題歌や、本秀康主宰の雷音レコードから発売した7インチEPが即完売するなど、じわじわと大きな注目を集めている偉才女性シンガー・北村早樹子。音楽シーンのみならず映画や舞台のクリエイター達の間でも大きな支持を集める彼女の歌手活動10周年を記念したベスト盤が発売!06年発表の1stアルバムから今年発売の最新シングルまで満遍なく選び、また木村文洋監督映画「へばの」主題歌「蜜のあはれ」(名曲!)他、今まで提供した映画主題歌を網羅した彼女のそれまでのキャリアが1枚で俯瞰出来る最強のコンピレーション・アルバム。昨年他界した、かしぶち哲郎(ムーンライダーズ)トリビュート盤「a tribute to Tetsuroh Kashibuchi ~ハバロフスクを訪ねて」(Pヴァインより発売中)にも細野晴臣、矢野顕子、山本精一ら豪華アーティストと共に参加するなどインディーズ・シーンで密かに注目度急上昇の彼女。最高のタイミングでのリリース!

*************************************************************************************
北村早樹子さんの奏でる音楽を耳にしていると聴いてるぼくのなにかが研ぎ澄まされていく。
なにかが帰ってくる。
なにかを取り戻した。
いつ。どこからだろう。ずいぶん昔、もう記憶も失っているくらい昔の、なにかを取り戻した。たいせつなものを取り戻した。
おそれ、おののき、よろこんだり、笑ったり泣いたりしてるうちに埋もれてしまった。
埋もれてしまって見えないから、それを喪失したものと思い込ん でいたが、まだ持っていた。そんなものを取り戻した。

杉作J太郎(映画監督、男の墓場プロダクション局長)

こんなに愉快なひとなのに、ひとりきりで涙を落とすことがどれだけたくさんあったろう。
どれくらい深く絶望して、どれだけ暗いものを、重いものを呑み込んできたんだろう。
細い腕で小さな背中であらゆるものを静かに赦した、その心の柔らかさこそが祈りなのかもしれない。
北村さんは誰のためとか自分のためとかでなく、もっともっと遠いところに向けて歌うひとなのだ、ということにふと気づく。

森下くるみ(女優、文筆家)

test