COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
dogu1
土偶界へようこそ
2018年1月25日(木)

ひとりでも多くの人に土偶の面白さを伝えるために土偶女子代表として活動中の譽田亜紀子さんと、土偶に魅せられ、作り手としての目線からも深みにはまり続けるジュエリー作家・清水範康さんのトーク。

太古の昔とはいっても今の私たちの暮らしと繫がっている縄文時代。日々研究も進み、子供の頃に学校で教わった縄文時代の人々の暮らしとは、随分イメージが変わっているかもしれません。
尽きることのない縄文・土偶のお話を、わかりやすく楽しくおしゃべりします!

日時 1月25日(木)18時30分スタート20時終了
参加費1,000円+1ドリンク(別途要)ご参加特典土偶ポストカード4枚セット付き

【ご予約方法】

・ウェブご予約フォーム(https://cotage.sakura.ne.jp/event_form/

・恵文社店頭まで(075-711-5919)

トークイベントの前に..【清水範康ジュエリーワークショップ】

「土器片とシルバー片で作るペンダント」
土師器片と自分で作ったシルバー片
過去と現在をひとつに繋げるペンダントです。

定員 10名
費用 1000円
時間 14時〜16時 2時間中の30分
お好きな時間にご参加ください。

譽田亜紀子(こんだあきこ)
フリーランスライター&エディター

konnda

取材先で出会った奈良の土偶に一目惚れ。以降、土偶を求めて全国を奔走し、現在「土偶女子」として活動中。著書『はじめての土偶』『にっぽん全国土偶手帖』(世界文化社)『ときめく縄文図鑑』(山と溪谷社)『土偶のリアル』(山川出版社)『知られざる縄文ライフ』(誠文堂新光社)東京新聞水曜日夕刊に「かわいい古代」連載中。
https://lineblog.me/kondaakiko/
https://www.akiko-konda.com/

アトリエシミズジュエリーワークス
清水範康・清水美恵

あらかじめ想定された形に、あと少しだけ偶然性をまとった小さきものたち。技法から導かれるかたちを探求しています。
2018年1/12(木)~30(火)恵文社一乗寺店アンフェールにて『小さい銀の土偶たち』展開催。

http://ateliershimizu.com/

 

DM2018_out

test