COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
cottage_438x346
CLASS ROOM#07 食を通して考える,都市の暮らしと自然とのつながり
2014年8月23日(土)

13:30開場 / 14:00開演

[参加費]2,500円(1ドリンク、軽食付き)

[登壇者]堀田裕介(料理研究家)/廣部里美(農家/NPO法人百菜劇場)

[参加お申込み先] http://classroom07.peatix.com/

社会人のための教室「CLASS ROOM」の第7回目。

物質的な豊かさが満たされ,作り手の顔が見えるものが求められるといわれる現代。
日々何気なく選んでいる食材や料理の数々が,自然環境や地域の生産者とどのようにつながっているか,少し心に留めながら暮らしていけたらという想いを持つ方も多いのではないでしょうか?
またこうした世相を反映し,作り手の間にも消費者とのつながりを求め,手間ひまをかけた食物や料理を,自らの手で届けたいと感じる人々が多くなっているようです。

今回は「食べることは生きること 生きることは暮らすこと」をモットーに生産者と生活者を繋ぐ料理研究家・堀田裕介さんと,滋賀県近江八幡のNPO百菜劇場で持続可能な農業を目指し,”食べるひとが「つくる」ことを理解する場を生み出す”ための活動を行う農家・廣部里美さんをゲストにお迎えします。本イベントでは現在の活動について,農業と自然のこと,農業の新たな動きや地域活性の可能性について,そしてお二方の働き方や生き方についてなどお話を伺いします。さらに、私たちデザイン/クリエイティブに携わるものに対する期待や,生産者とデザインの関わりで生まれる新たな可能性についても伺っていきたいと考えています。

当日は廣部さんが育てた夏野菜や、琵琶湖で採れる「ビワスズキ」の試食も予定しております。是非お誘い合わせの上、ご参加ください。

HP:http://classroom.jpn.org/
Facebppk:https://www.facebook.com/classroom.jpn

test