COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
IMG_4206_600
石川直樹「The Seven Continents」
2014年7月17日(木)

TOO MUCH Magazine presents
石川直樹「The Seven Continents」

第8回「マカルー|Makalu」

TOO MUCH Magazineと石川直樹がお送りするレクチャーシリーズ、The Seven Continents。
第8回目はいつもの東京に加えて、夏の出張編として京都と富山でも開催します。
2011年春のエベレストから始まった石川さんのヒマラヤ8,000m級峰への遠征も、今春のマカルーで4座目となりました。
世界5位の標高を誇り、ヒマラヤの中でもとりわけ難易度の高い山として知られるマカルー。
その登頂までの道のりを、石川さんが撮り下ろした写真や映像とともに振り返っていただきます。
ご来場の皆さまには、旅の全貌を記録した「STRAIGHTREE TIMES Makalu edition」をお配りします。
*富山県利賀は、石川さんが審査員として参加される「利賀演劇人コンクール2014」と共同開催です。

2014.7.17 (thu)
at 恵文社一乗寺店 COTAGE(京都市左京区一乗寺払殿町10)
18:30 open / 19:00 start
入場料:¥1,500(特製新聞付き)
http://www.cottage-keibunsha.com/

2014.7.19(sat)
at 利賀芸術公園(富山県南砺市利賀村上百瀬48)
11:00 open / 11:30 start
入場料:無料(特製新聞付き)*会場でドネーション(寄付)を受け付けます。
共同企画:利賀演劇人コンクール2014
http://togaconcour.tumblr.com/

2014.8.5(tue)
at VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
18:30 open / 19:30 start
入場料:¥1,500(特製新聞付き)
http://www.vacant.vc/

講師:石川直樹

予約:info@hutu.jp (HUTU)
*件名を「The Seven Continents」とし、本文に「お名前 / 人数 / ご連絡先 / 希望日」を記入したメールをご送信ください。

運営:HUTU

*利賀へお越しの方へ
利賀へお越しの際は、利賀演劇人コンクールはもちろんのこと、石川さんも絶賛する「瞑想の郷」もトークと合わせておすすめします。
旧利賀村(現南砺市)はネパール・ツクチェ村と国際姉妹都市で、その関係でムスタンから来たネパール人が滞在制作した本格的なマンダラや、
チベットやムスタンでした観られないような作品が多く展示されています。
http://www.littlemore.co.jp/foreverest/log2012vol1/20120809982.html

富山県利賀芸術公園 http://www.togapk.net/
会場アクセス http://togaconcour.tumblr.com/post/24889785863
会場関連の問い合わせ
(公財)舞台芸術財団演劇人会議 利賀演劇人コンクール係
〒939-2513 富山県南砺市利賀村上百瀬48
concour@jpaf.or.jp|TEL:0763-68-2356(7/11-)

naoki_ishikawa

石川直樹(いしかわ・なおき)
写真家
1977年東京生まれ。
00年、Pole to Poleプロジェクトに参加して北極から南極を人力踏破、01年、7大陸最高峰登頂達成。
著書に、『全ての装備を知恵に置き換えること』(集英社)、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか。
写真集に、『POLAR』(リトルモア)、土門拳賞を受賞した『CORONA』(青土社)ほか多数。
2011年、10年ぶり二度目のエベレスト登頂を達成。
http://www.straightree.com/
http://www.littlemore.co.jp/foreverest/

TM5_Cover のコピー

TOO MUCH Magazine
インターナショナル・インディペンデント・マガジン、TOO MUCH Magazineの第5号発売中です。
今回は "TheBody in Space and Time" と題して、「身体」について考えています。
日本人の座り方、アメリカの整形クリニック事情、真鍋大度による電気仕掛けの顔面ハック、石川直樹による日本の海岸線を襲う化け物のような風体をした異人たち、現代人の身体を守る魔除けなどなど興味深い記事満載。
参加アーティスト:石川直樹、真鍋大度、フランシス・アップリチャード、アリ・マルコポロス、槇文彦、磯崎新、原広司、隈研吾、荒川修作、ホンマタカシ、他
toomuchmagazine.com

test