COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
4.13
第5回 彩工房 暮らしと住まいのセミナー  建築家と考える こどもと暮らす家づくり
2014年4月13日(日)

2014年4月13日(日)

〇・・・・・・・・・・・・・・・・・
第5回 彩工房 暮らしと住まいのセミナー
建築家と考える こどもと暮らす家づくり
・・・・・・・・・・・・・・・・・〇

彩工房では、「暮らしと住まい」をテーマに、日常を豊かにするさまざまな催しを行っています。
今回は雑誌「チルチンびと」の編集長である山下武秀さんと、建築家の松本直子さんをお招きして、子育てを考えたこれからの家づくりについてお話しいただきます。
子どもが誕生した瞬間から、親は子どもの居場所を用意しなくてはなりません。
そしてその成長と共に、家に求められることも、大きく変わっていきます。
安全性、温度や湿度、家族との距離、自然との触れ合い、安らぎ…。
こどもが精神的にも肉体的にも健康に育つには、いったいどのような空間が必要なのでしょうか。
また家族が増えることで、室内での音や動きやが増え、所有する物、掃除や洗濯など家事の量も刻々と変化していきます。
家族ひとりひとりが、どうすれば気持ちよく暮らしていくことができるのでしょうか。
時には趣味にいそしみ、友人やご近所、親戚とともに暮らしを愉しむためのヒントは何でしょうか。
いま求められている間取りや暮らし方などについて、第一線で活躍されているお二方にお話しいただきます。
----------------------------------------
◆日時:4月13日(日) 11:00-14:30

11:00 山下 武秀さんのお話
各地の保育所や子育て家族、工務店への豊富な取材経験を踏まえて、子育ての現状     と心身ともに子どもの健康を考えた家づくりについてお話しいただきます。

12:15 休憩・ランチタイム

13:00 松本 直子さんのお話
自然素材を用いた数多くの設計経験だけでなく、自身の体験にも基づいて、子育てを考えた 家づくりの具体的な方法について、写真を踏まえてお話しいただきます。

14:30 終了(15:30まで家づくりに関するご質問・ご相談を受け付けます)

◆参加費:1,000円
*軽食・ドリンクつき

◆お子様のご参加:託児はありませんが、お子様も一緒にご参加いただけます。保育士の見守り と簡単なキッズスペース、授乳スペースをご用意しています。
お子様は参加費無料ですが、軽食が必要な方は別途500円いただきます。

◆ゲスト:
山下 武秀さん(http://www.fudosha.com
「ひと・まち・住まい」を主軸とした総合出版社「風土社」代表取締役。環境・風土と共生す る木の家づくりと暮らしの知恵を取り上げた雑誌「チルチンびと」編集長。

松本 直子さん(http://www5b.biglobe.ne.jp/~macchan/
三児の母として子育てをしながら、数多くの住宅設計を手掛ける。自然素材を使い、現代的 に和を解釈したデザインや、きめこまやかな住宅設計は、子育て世代を中心に幅広い支持を 得ている。

◆定員:30名

◆申込:お電話、メールまたは彩工房ホームページのお申込みフォームにて、参加される方全員 のお名前とご連絡先をお伝えください。
お子様連れの方は、お子様のお名前・年齢・軽食の要不要をお知らせください。
当日の時間が限られているため、具体的なご相談の内容がある方は事前にお伝えいただける と助かります。

《申込先》彩工房
tel:075-632-9889 mail:info@saikobo.co.jp hp:http://www.saikobo.co.jp

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■主催・お問い合わせ:彩工房
京都市山科区四ノ宮大将軍町15
tel:075-632-9889
http://www.saikobo.co.jp
info@saikobo.co.jp

<<彩工房について>>
私たちは、地域の木と自然素材で家をつくる工務店です。
家をつくるということは、多くのエネルギーと資源を使い、やがてはごみ(資源)となるも のをつくり出す作業です。
また、でき上がった空間は、住まう人の心や体に影響を与え、家族やご近所との関係性や、 ひいては社会にも影響してきます。
私たちは、そんな家づくりやそこで営まれる暮らしを、もう一度皆様と一緒に見直しなが  ら、自然に寄り添う豊かな家づくりに取り組んでいきたいと考えています。

☆4月5〜13日には恵文社にて雑誌「チルチンびと」の風土社ブックフェアが開催されます。
☆6月にも暮らしと住まいのセミナーの開催を予定しています。

test