COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
9784865590005obi_line
『すごいジャズには理由(ワケ)がある』刊行記念トークイベント
2014年6月14日(土)

岡田暁生(京大教授)×フィリップ・ストレンジ(ピアニスト)
『すごいジャズには理由(ワケ)がある』刊行記念トークイベント

クラシックの音楽学と音楽評論で著名な岡田暁生氏がこのところ身も心も捧げる「ジャズ」。師匠のフィリップ・ストレンジ氏は数多くの著名プレイヤーと共演を重ねてきた名ピアニストで、クラシックの現代音楽にも精通する理論家でもあります。ふたりの対話による入門書『すごいジャズには理由(ワケ)がある』(アルテスパブリッシング)の出版を記念し、チャーリー・パーカー、マイルズ・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンズらの名演の映像を見ながら、彼らの音楽の「どこがすごいのか」を解き明かします。

開場17:30
開演18:00
料金:1500円
ご予約:要

件名を「恵文社一乗寺店 ジャズ・トーク申し込み」とし、
「お名前」「お電話番号」をかならずご記入のうえ、
「info●artespublishing.com」(●をアットマークに書き換えてください)
までメールにてお申し込みください。

----------------------------------------
【出演者プロフィール】
okada_akeo

岡田暁生(おかだ・あけお)
1960年京都市に生まれる。大阪大学大学院博士課程単位取得退学、大阪大学文学部助手、神戸大学発達科学部助教授を経て、現在、京都大学人文科学研究所教授、文学博士。著書「<バラの騎士>の夢」(春秋社)「オペラの運命」(中公新書・サントリー学芸賞)「西洋音楽史」(中公新書)「ピアノを弾く身体」(監修・共著・春秋社)「恋愛哲学者モーツァルト」(新潮選書)「CD&DVD51で語る西洋音楽史」(新書館)「ピアニストになりたい!」(春秋社・芸術選奨文部科学大臣新人賞)訳書「シャンドール ピアノ教本」(監訳・春秋社)

Phillip_Strange

フィリップ・ストレンジ
1960年テキサス生まれ。アリゾナ州立大学(学士:音楽教育/修士:クラシック・ピアノ)で学ぶ。グレン・ミラー・オーケストラのメンバーとして1988年に初来日、10年間甲陽音楽院(神戸)で教鞭をとった後、1999年より奨学金給費特別研究員としてマイアミ大学に招かれる。2003年にキース・ジャレットの即興についての論文で博士号を得る。2005年までマイアミ大学講師(ジャズ・ピアノ)。マイアミ時代には『ダウンビート』誌よりBest Instrumental Jazz Solist(2002、2003)、Best Jazz Original Composition(2002)、Best Jazz Instrumental Group(2001)を受賞。クレア・フィッシャー、ヴィンス・マッジョらに師事。ジョー・ヘンダーソン、ルー・タバキン、デーブ・ホランド、ピーター・アースキン、マーク・ジョンソン、ジェームズ・ムーディー、ケヴィン・マホガニーらと共演。リリースCD多数。現在大阪在住、梅田ライブハウスAzulのハウス・ピアニスト。

----------------------------------------

主催:アルテスパブリッシング
お問い合わせは
info●artespublishing.com(●=アットマーク)
または
03-6805-2886
まで

test