COTTAGE

keibunsha

イベント詳細
81313993_583540375811984_1991909581667696640_n
アラ春の好きなことやろう in 京都
「HODOHODOとWAKUWAKU」
2020年2月9日(日)

開場12:00/開演13:00/閉場15:30

 

全国各地で「好きなことをやろう」をテーマに、歌う人 アライヨウコ・からだを整える人 万力春乃と、ゲストに京都出身・言葉や編集を専門に持つ あかしゆかさんを招いて、初の京都での開催です。

わかりやすいセルフケア講座と、アンプを通さずに演奏するアコースティックライブ、そしてあなたのための1冊を選ぶアンケート選書(ご希望の方のみ予約制・別途)を通して、冬のゆるやかなひと時を催します。

araiyokomanrikiLIVE

〜ある冬の日に、本とからだと歌と、すてきな「ほどほど」の時間〜

「ほどほど」と聞くとどんなイメージを持つでしょうか?

「広く浅く」とも少し似ているその言葉は、中途半端と捉えられてしまう機会も多いかもしれません。

しかし私たちはあえて、この、「ほどほど」を大切にしたイベントをやってみたいと思っています。なぜならば、私たちが大切にしている「好きなことをやろう」というテーマの中で「ほどほど」がとても温かい役割を持ってくれるからです。

たとえば、こんなことはないでしょうか。

好きなのだけれど、行ったことのない場所や専門的な雰囲気に足を踏み入れるのはハードルが高い。

好きなのだけれど、誰かと比べてしまう、自分のなんてまだまだ好きと言えないかもと思ってしまう。

わたしたちは、「好きなこと」って自分のためにあるのだと思うのです。

だからこそ、「少し興味があるだけで」「好きといえないかも」という気持ちも、「これが好きなんです」という気持ちも大切にしたイベントをしたい。誰とも比べないで、自分が見つけた「好き」の気持ちを楽しめるような時間を作りたい。

今回の主催のアライヨウコは歌う人、万力春乃は身体を整える人。そしてゲストのあかしゆかさんは編集をする人。

違う分野を持つ私たちですが、日常では色んなことを広く好きなひとりひとり。広く浅く、好きなもので繋がっているからこそ集まることができました。

「ほどほど」ってそんなに悪いものでもないかもしれない。だって、自分の人生を楽しむために好きなものってあるのだから、ゆるやかな温度で「好き」でいるのもきっとすてきなこと。

あなたの好きを広げたり、もっと好きになったり、知らなかったことを好きになったり。

そうそう、専門分野をもつ3人だからこそ、深く、ももちろん大歓迎。

寒い冬の日に、みなさんと温かい飲み物を飲みながら、そんな風に「ほどほど」のやわらかな温度に「わくわく」できたら幸いです。お待ちしています。

 


 

 

〈ともしび選書〉
かんたんなアンケートに答えていただき、それを読んで1冊の本を選書します。その本を選んだ理由をお手紙にしたため、あわせてお渡しします。

事前予約制。

料金:本代(2000円以内)+選書代1000円

 

ともしび選書に申し込む

 


 

アライヨウコ×万力春乃 主催

アラ春の好きなことやろう in 京都
「HODOHODOとWAKUWAKU」

【日時】
2020年2月9日(日)
開場12:00/開演13:00/閉場15:30

【入場料】
2,000円

 

 

【お申込み方法】

⑴. アライヨウコ×万力春乃 (アラ春)にてご予約

[araharu.sukinakoto@gmail.com ]

件名を「恵文社 予約」としていただき、
①お名前②ご予約人数③ご連絡先(メールアドレス)を明記し、お送りくださいませ。

 

⑵.※恵文社ウェブ予約フォームからお申し込み

応募フォームから申し込む

 

 


〈プロフィール〉

【主催】

アライヨウコプロフィール ▶︎アライヨウコ

都内を中心に、全国各地のライブハウス、カフェ、ギャラリー、など場所を問わずにライブを行う。‬「 心は跳ねたり、沈んだり、生きてるだけで色んなことに波打つ毎日。
たとえばわたしの歌が、束の間の散歩、一輪の花、一杯のコーヒー、一服の煙草のように、あなたの生活に吹く風で在れたら。」twitter https://twitter.com/curryouko


万力春乃プラフィール

▶︎万力春乃

やさしい整体、セルフ整体、疲れにくい体の動かし方、食事の話などをする人。性格やライフスタイルに合わせた「がんばりすぎない体との付き合い方」を提案しています。‬

twitter https://twitter.com/halunom


 

【ゲスト】

あかしゆかプロフィール

▶︎あかしゆか

1992年生まれ、京都出身、東京在住。 大学時代に本屋で働いた経験から、文章に関わる仕事がしたいと思うように。現在は、ウェブや紙など媒体を問わず、編集者・ライターとして活動をしている。友人編集者が立ち上げた出版社「さりげなく」にも所属

twitter https://twitter.com/akyska

 


 

【協力】
アルフェテ工作室

 



 

恵文社オンラインショップ

 

起こさないでください 仲西森奈短歌集



スクリーンショット 2019-12-23 3.33.06

オンラインショップで購入する

DISTURB. / 起こさないでください。京都にもルーツをもつ若き作家・仲西森奈、初の短歌集。誰もが身に覚えのある愛。どこに向けるわけにもいかない苛立ち。万事どうにもならぬ、ましてや言葉にできそうにもない、あらゆる事柄を短歌にしたためる。思わず吹き出してしまう共感を覚える作品から、心臓に悪い鋭いものまで、短歌という表現を自由に押し拡げていきます。新興宗教に心酔した母親との微妙な関係を書いた一節など、短歌以外にも、短篇小説やエッセイを間に挟んだ散文集。まだ世に見出されていない非凡な才能を存分に堪能いただけます。

短歌集であるにも関わらず索引が付されていたり、こだわられた造本、デザイン、そして編集の一切に遊び心を感じさせる一冊です。作家と同年代の若い編集者が個人で立ち上げた出版社「さりげなく」から発行される第一作。今後大きく羽ばたいていくであろう作家、出版社に期待を込めつつ。ぜひ、お手元に。

test